エクストレイルのグレード選びのポイント

エクストレイルはグレードがたくさんあります。なのでグレード選びに迷っている人も多いでしょう。日産ディーラーに行ったときにセールスマンとの商談で詰まらないように、あらかじめグレードについては比較して内容を押さえておいたほうがいいでしょう。

 

まずは、エクストレイルのグレード一覧をご紹介しますので、確認してください。

 

グレード 駆動方式 価格
20S 2WD/4WD 2,238,840円~2,445,120円
20S ハイブリッド 2WD/4WD 2,669,760円~2,876,040円
20X 2WD/4WD 2,412,720円~2,691,360円
20X ハイブリッド 2WD/4WD 2,858,760円~3,065,040円
モード・プレミア 2WD/4WD 2,877,120円~3,177,360円
モード・プレミア ハイブリッド 2WD/4WD 3,306,960円~3,513,240円
20X エクストリーマーX 4WD 2,824,200円
20X ハイブリッド エクストリーマーX 4WD 3,270,240円
20X ブラック エクストリーマーX 4WD 2,912,760円
20X ハイブリッド ブラック エクストリーマーX 4WD 3,294,000円
20Xt 2WD/4WD 2,817,720円~3,096,360円
20Xt ブラックエクストリーマーX 2WD/4WD 3,186,000円~3,258,360円

※全車”エマージェンシーブレーキパッケージ”を搭載

 

まずはパワートレーンを決定しよう

エクストレイルのグレード一覧を見てもわかる通り、特別仕様グレード(後述)をのぞいてすべてのグレードでガソリンエンジンとハイブリッドの2種類があります。したがって、まずどちらのパワートレーンを選択するか決めることで、エクストレイルのグレードを半分絞り込むことができるのです。

 

パワーユニットを選ぶときの注意点は「トータルコスト」のたった1つです。

ハイブリッドというと「燃料代が安い」というイメージがあります。それはその通りなのですが、実は車体価格が上がるので、条件次第ではトータルコストでは損をすることがあるのです。

 

一覧を見ると、エクストレイルのガソリンエンジンとハイブリッドの車体価格差はおよそ「40万円」となります。

 

エクストレイルのハイブリッドの方が燃費性能が高いので、長距離運転すればいつかはハイブリッドの方がオトクになります。しかし、数年でエクストレイルを売ってしまう場合は、ガソリンエンジンのほうがトータルではオトクになるのです。

 

その距離のラインはどこにあるか計算してみましょう。1km走るたびに、エクストレイルのハイブリッドの方が1.5円お得になります。したがって、10万キロ走れば15万円分お得になるわけです。

 

そう考えると、車体価格差を埋めるには25万キロくらい走らないといけないわけです。かなりの距離が必要に感じますが、その理由はかんたんで、ガソリンの燃費は16.0km/リットル、ハイブリッドは20.0km/リットルとそれほど差がないのです。

 

ただ、エクストレイルのハイブリッドの方が中古車として高く売れるほか、エコカー減税も優遇されているのでその分を考慮するとハイブリッドで10万キロ以上走るかどうかが損得のラインとなるでしょう。

ハイブリッド

・燃費性能はなるべく高いほうがうれしい
・エクストレイルで10万キロ以上走る予定
・給油回数が少ないほうがいい
・室内は静かなほうがいい

ガソリンエンジン

・予算が少ないのでエクストレイルの車体価格を安くしたい
・エクストレイルに数年しか乗らない

 

↑がエクストレイルのパワートレーン選びのポイントになりますので、確認してください。

 

駆動方式を決定する

エクストレイルのグレード比較で次に重要なのが、「駆動方式」です。

 

というのも、通常ハイブリッドでは4WDの設定がない車種が多く、そもそも駆動方式が選べないパターンが多いです。しかし、エクストレイルの場合は全車種に4WDが設定されており、「アウトドアに強い」という日産の自信がうかがえる状態となっています。

 

※「エクストリーマーX」と「ブラックエクストリーマーX」の場合は4WDしか選択肢がありません。

 

4WDにすると、2WDに比べて30万円価格がアップし、燃費性能も低下します。したがってトータルでは40万円近いコスト増となります。通常はこの時点であきらめる人が多いのですが、エクストレイルの場合は半数以上が4WDを選択しています。それだけ、走破性能や4WDの機構に魅力を感じている人が多いというわけです。

 

したがって、よほどの理由がない限りは4WDを選んだ方がいいでしょう。その分の予算はしっかりと用意しておいたほうがいいです。ディーラーとしても、「4WDを選ぶだろう」と考えて商談にのぞんでいるところがあるので、そこで2WDを選ぶと交渉が鈍化するかもしれません。

 

乗車人数もチェックしよう

エクストレイルは、SUVとしては珍しく7人乗り(3列シート)にも対応しています。3列シートの3列目はさすがにせまく乗り心地も悪いですが、たくさん人を載せて出かけたいときには重宝するかもしれません。また、7人乗りの場合2列目シートにリクライニング機能が付くので、少人数で出かける際は2列目シートに関しては高い快適性能を誇っています。2~3列目はたたんでフルフラットにできるので、荷室用量についても問題ありません。

 

問題点は3列シートだと7万円ほど価格があがることです。ハイブリッドや4WDの価格上昇に比べるとそれほど大きくはありませんので、できれば設定しておきたいところ。でも、もし少しでも予算を削りたい場合はしっかり検討しましょう。

 

各グレードの装備をチェック!

 

パワートレーンと駆動方式が決まったら、エクストレイルのグレードを選んでいきましょう。まずは、それぞれのグレードの特徴を紹介します。

 

20S

エクストレイルのグレードのなかで一番安いグレードとなります。そのぶん装備はやや貧弱で、エアコンがマニュアルになるほか、プッシュエンジンスターターがないなど長い目でみると不便に感じることが多いです。

 

20S ハイブリッド

ハイブリッドの場合、プッシュエンジンスターターやオートエアコンが追加されます。

 

20X

オートライトシステムが追加されるほか、エアコンもオート化されます。また、シフトノブやステアリングが本革巻になるなどインテリアのプレミアム感も増すグレードです。

 

20X ハイブリッド

リモコンオートバックドアが追加され、手をかざすだけでバックドアが開けるようになります。

 

モードプレミア

装備面は20X(モードプレミアハイブリッドは20Xハイブリッド)とほぼ同等です。LEDヘッドランプや専用フロントバンパー、専用のデュアルエキゾーストマフラー、専用18インチアルミホイールなど、外見の迫力が増します。

 

エクストリーマーX

装備面は20X(モードプレミアハイブリッドは20Xハイブリッド)とほぼ同等です。リヤアンダーカバーやマッドガードなどが追加され、よりアウトドア仕様が強調されます。

 

ブラックエクストリーマーX

装備面は20X(モードプレミアハイブリッドは20Xハイブリッド)とほぼ同等です。エクストリーマーXのエクステリア装備に加え、ダーククロムフロントグリルが追加されてさらに迫力が増します。

 

おすすめグレードは?

エクストレイルのグレードの中で、20Sは価格は安いですが、装備面がやや弱いのでナシでしょう。ただ、20Sもハイブリッドになると装備面が向上するので、選んでもよいかもしれません。

 

とはいえ、20Sは20Xとの価格差が15万円ほどしかないので、我慢して20Sを使うよりも20Xグレードを選んだ方が無難でしょう。また、エクストレイルの特性上4WDと3列シートはついていたほうがいいです。したがって、おすすめグレードは「20X 4WD 7人乗り」となります。あとは、予算と相談してハイブリッドを付けるかどうかを考えましょう。

 

エクストレイルのグレードの中で、モードプレミア・エクストリーマーX・ブラックエクストリーマーXについては、基本的にはエクステリアの改善となります。20Xとの価格差はそれぞれ40万円以上あるので、「走行性能さえしっかりしていれば、エクステリアにはこだわらない」という場合は必要ないでしょう。外見にこだわりがある場合のみ、その他のグレードを考えてみてください。

 

特別仕様車もチェック!

エクストレイルには、「20Xt」と「20Xt ブラックエクストリーマーX」の2種類の特別仕様グレードが登場しています。

 

まず20Xtですが、20Xとの価格差はおよそ40万円となります。ただし、

 

・NissanConnectナビゲーションシステム
・LEDヘッドランプ
・フォグランプ
・リモコンオートバックドア

 

など50万円以上の追加装備があるので、トータルコストとしては11万円ほどオトクになります。低価格で高級オプションを付けたいときにおすすめです。

 

また、20Xt ブラックエクストリーマーXは20Xtからさらに特殊エアロなどが装着されたモデルとなります。価格はさすがに高くなりますが、他とは違うエクストレイルを所有したいときにはよいでしょう。

 

エクストレイルの人気グレードは?

 

ランキング グレード名 比率
1位 20X ハイブリッド 4WD 22%
2位 20X 4WD 19%
3位 20X ハイブリッド 2WD 10%

エクストレイルのグレード人気ランキングは上記のとおりです。20Xハイブリッドが一番人気となっており、価格よりは装備の充実度を重視しているドライバーが多いことがわかります。また、上位2グレードとも4WDとなっており、高い走行性能を望むいる人が大半ということも見て取れます。

 

エクストレイルを格安で購入するには

 

 

エクストレイルの各グレードをできるだけ安く買いたい!という人は多いはずです。しかし、エクストレイルの値引き額は25万円程度で、なおかつ高い交渉スキルが必要です。

 

そこでおすすめなのが、エクストレイルの未使用車となります。

 

エクストレイルの未使用車は車体・保証面で新車と変わりませんし、なおかつ格段に安く買うことができるのです。

 

  エクストレイル 20Xt 4WD 新車 エクストレイル 20Xt 4WD  未使用車
外観    
ボディカラー ダイヤモンドブラック ダイヤモンドブラック
走行距離 2~3km 3km
装備

・アラウンドビューモニター
・純正ナビ
・フロアマット
など

・アラウンドビューモニター
・純正ナビ
・フロアマット
など

乗りだし価格 3,356,349円 2,849,000円

差額は50万円

 

↑は「エクストレイル 20Xt」の比較となります。この場合、新車と未使用車には50万円もの価格差となっています。その他のグレードでも、だいたい50~80万円の価格差が出てきています。未使用車は新車登録済みとなるため、取得税・重量税がかからず、その分が引かれるため大幅な減額となるのです。

 

20Xtだと予算が足りないなぁ…
4WDにしたいけど価格が高いなぁ…

 

こんな場合でも、未使用エクストレイルなら予算内で購入できる可能性があるのです。

 

エクストレイルの各グレードの未使用車の探し方

 

未使用車は中古車ショップで購入できますが、グレードやボディカラーがまちまちなので、希望通りのグレード・ボディカラーを見つけるのは厳しいです。メーカーオプションの搭載状況も未使用車によって違うので、ネットで探すのが一番手っ取り早いです。

 

ただ、1点だけ気を付けてほしいのが、ネットの未使用車はたいてい非公開となっているということです。なので、「カーセンサー」などで検索してもあまり見つかりませんし、たまたま見つかっても遠くの県だったりします。実際には、ネットで公開中の数倍の非公開車があると言われています。

 

なので、ネットで希望通りの未使用車を探すなら、「非公開」に対応したサービスを使う必要があります。

 

非公開に対応したサービスはコレ!

 

非公開車両を探すなら、「なびくる+」がおすすめです。非公開対応なのはもちろん、年間60万台もの在庫を持っており、希望通りのエクストレイルが見つかる可能性も高いです。

 

 

↑は記入例となります。このように、「備考欄」に各種希望を記入すれば、最適な未使用エクストレイルを紹介してもらえます。

 

非公開車両なしで未使用車を探すのは厳しいですし、もったいないです。1回このようなサービスを使ってみるべきでしょう。

 

なお、なびくる+では中古車の紹介を受けることもできます。走行距離数千キロから1万キロ程度、キズなし、修復歴なしという条件でも、100万円近く安くなることもあるので、予算に限界があるなら中古車も考慮に入れましょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
→ https://a-navikuru.com/

 

未使用車は保証もしっかりつく

未使用車の新車の違いとして、「保証面」を心配する人は多いでしょう。ですが、こちらは問題ありません。というのも、新車は登録から3年間程度メーカー保証が付きますが、未使用車もディーラーに持ち込むことで新車と同様の3年間メーカー保証が付けられます。

 

また、走行距離についても、確かに未使用車は3~10km程度走っていることが多いです。ですが、新車も最終検査で数キロは必ず走るので、走行距離としてもほとんど変化はないのです。

 

デメリットはないの?

 

未使用車にも、確かにデメリットはあります。

 

①グレード・ボディカラーの変更不可

 

未使用車は完成した状態となるので、あとでグレード・ボディカラーの変更はできません。

 

②メーカーオプションを選択できない

 

落ちらも同じく完成した状態となるため、後でメーカーオプションの追加はできません。(ディーラーオプションなら、後から追加可能)

 

これらの問題は、「なびくる+」を使うことで解決しましょう。あらかじめ希望のグレードや色、さらにはメーカーオプションなどを伝えておけば、希望のエクストレイル以外は紹介されません。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
→ https://a-navikuru.com/