エクストレイルのライバルをチェック

エクストレイルはSUVなのでライバルもたくさんいます。現在、SUVは売れ筋ジャンルとして各社が力を入れており、ハリアー(トヨタ)やCX-5(マツダ)といった対抗車があるのです。

 

ひとまず、エクストレイルのライバル車種一覧をご覧ください。

 

ハリアー(トヨタ) 概要
 

プレミアムSUVという位置づけでは元祖となる車種。SUVというと「悪路を走る」というイメージがあるが、ハリアーはどちらかというと車内の贅沢さやスポーティさを重視している。

 

人気グレード:プレミアムアドバンスドパッケージ(459万円)

CX-5(マツダ) 概要
 

マツダの十八番「ディーゼルエンジン」のモデルも用意され、人気に火が付いた。ディーゼルはトルクが非常に大きく、坂道走行や大人数でのドライブでも力強い走りを実現する。

 

人気グレード:XDプロアクティブ(316万円)

フォレスター(スバル) 概要
 

悪路走破性能にフォーカスした、水平対向エンジン搭載車種。直噴ターボモデルもあり、売れ行きはそこそこなものの熱心なファンが多く存在している。

 

人気グレード:Sリミテッド(289万円)

 

 

エクストレイルとライバルを比較しよう

 

エクストレイルのライバル車種について気になるのであれば、以下のようなことを考えているはずです。

 

・エクストレイルと、ライバル車種でどちらを買うか迷っている
・エクストレイルの値引き交渉のカードとして、ライバル車種について知りたい

 

ここでは、エクストレイルの値引き交渉の材料という観点で、ライバル車種について比較していきます。もしライバル車種に目移りするようなら、そちらの購入も検討してみましょう。

 

エクストレイルとライバル車種の違い

ハリアー

・燃費性能が高い
・価格帯がエクストレイルより高い
・悪路走行性能はエクストレイルより低い

CX-5

・燃費性能が高い
・価格帯はエクストレイルと同程度
・ディーゼルならではのトルクの高さ

フォレスター

・燃費性能はエクストレイルと同程度
・価格帯もエクストレイルと同程度
・悪路走行性能もエクストレイルと同程度

 

エクストレイルの値引き交渉に有利なポイントは赤、不利なポイントはで記入してあります。

 

ハリアー

 

ハリアーはトヨタの車なので、日産のエクストレイルのライバルのように見えます。しかし、実際のところはハリアーの方が100万円ほど価格帯が上なので、実はエクストレイルの値引き交渉の材料にはあまり向いていません。

 

もし競合させる場合は、まず価格帯を合わせることが必要です。ハリアーの廉価グレードと、エクストレイルの上級グレードを合わせるようにすれば、価格帯の違いはクリアできます。

 

あとは、ハリアーの方が燃費がいいとか、内装が豪華だ、なんてことを営業マンに言って、アピールしていくといいでしょう。

 

CX-5

 

CX-5はディーゼルグレードがあり、非常に高いトルクを誇っています。このトルクはガソリンエンジンやハイブリッドでは到底味わえないものであり、大きなアドバンテージになります。なので、エクストレイルの値引き交渉に利用する場合は、「CX-5の試乗をしたけど、坂道走行がとても快適だった」などとアピールすると、日産のセールスマンがだんだん焦ってくるでしょう。

 

また、価格帯もエクストレイルと似通っているので、単純な価格競争に持ち込むのもよいでしょう。

 

フォレスター

 

フォレスターはハイブリッドモデルがないので、エクストレイルのガソリンエンジンモデルのライバルとなります。

 

表を見てわかる通り、価格帯・燃費性能・悪路走行などあらゆる面でエクストレイルと似通っています。したがって、ガソリンエンジンモデルのエクストレイルと競合させるときはとても便利な車種と言えるでしょう。単純に値引き合戦に持ち込むだけで、商談をうまく進めることができます。